ト イ レ 騒 動

 

 グレが来てからトイレのドアには家族全員気をつけていたのですが、先日ついにグレがやってくれました。朝に家内がトイレに入ったとき、家内と同時にトイレに忍び込み、家内はそれに気づかず用を足して出てきました。

 万が一を考えてウォッシュレットのボタンの上には簡単なカバーをつけていたのですが、それをはねのけてボタンを押してくれたのです。

 トイレの物音に、家内がドアをあけると、そこには、ずぶ濡れのグレが!

 ひょうたろうがやった時は、留守の時だったので、トイレを水浸しにされました。

 ひょうたろうに聞いてもそ知らぬ顔。やったのはお前以外いないだろと言っても、すっとぼけ。それ以来ドアは必ずきちっと閉めることが規則になってなっていたのです。

 ひょうたろうは学習したらしく、その後一度もありません。

 グレは心配してたとおり、やってくれました。規則は守られていたのに。

 そして、今日は。

 家内より先に帰った私が、猫のトイレを掃除して一杯やってる時、家内が帰ってきて、「グレは」と聞き、「いるよ」と答えると、「どこに?」また押入れにでも隠れてるんだろということで、探さずにいたら、ひょうたろうがトイレの前で家内を呼び、ドアを開けようとしているのです。

 そうなんです。猫のトイレを掃除するのに暗いので、トイレの電気をつけてドアを開け、明かりをとって掃除している最中に、こっそり忍び込んだのです。そんなことは知らない私はドアを閉めてしまったのです。

 ひょうたろうが教えてくれなければ、誰かがトイレに入るまで閉じ込めるだけでなく、又ボタンを押されたかもしれないところでした。

 ひょうたろう偉い!

 それに比べて グレ!・・・おっお前って奴は・・・せめて鳴いて教えてくれー

 

back Index Next
Home