新しい家族の顛末記
そ の 5

 6日目の夜
 一日遊びつかれたのか、グレを抱っこして横になると、ちょっとの間寝てくれた。
 ひょうたろうは、今日で自分の地位と威厳を保てたので満足しているらしい。今までどおりになり、自由に部屋を行き来し、グレがケージの中のときは覗いてもいる。グレが近づくと理由もなくポカリとやる時があるので、まだケージは片付けられそうにない。
 明日は公園に連れて行き、外の世界を教えて、家族は仲良くしないといけないと教えよう。

 7日目
 朝からグレの公園デビュウにいつもの公園に連れて行く。
 誰もいない公園で、ひょうたろうはいつもより自由に散歩している。
 ベンチに二匹一緒にさせると、いつも来るワンちゃん2匹がきて走り回り、ひょうたろうは警戒し、グレは怖いのか、ひょうたろうの尻に頭を押し付けてベンチの隙間から犬の動きを覗いている。ひょうたろうもグレを守るようにして犬の動きを追っている。
 しめしめ、これで兄弟のつながりが深まるかもしれないと、犬たちに感謝。
 グレは思ったより外の世界を怖がらず、これからは一緒に公園の散歩ができそうである。
 家に帰ると、ひょうたろうは悠然と構え、グレはちょろちょろ動き回っている。
 今までとちょっと違うとこは、グレがいる時には甘えなくなってしまったことである。グレが見ていると呼んでも来ないし、胸の上で「伏せ」といってもいうことを聞かない。抱き上げてやっても、喉を鳴らすこともなく「ウーウー」いやがって降りようとする。
 グレの前で私に甘えることは恥ずかしいのか、グレに威厳が保てなくなると思っているのかわからないが、ちょっと寂しい。

 まだまだ仲ががいいと言える状態ではないのですが、ひょうたろうはグレを受け入れてくれたようです。
 一時は初めてのことゆえ、どうなるか不安にもなりましたが、皆さんの書き込みのおかげもあり、時間が解決してくれることだと、安心して対応できました。助言いただいた皆さんに感謝しております。
 いずれ、ひょうたろうがグレを舐め回す日を楽しみに、今回で「新しい家族の顛末記」を終わらせていただきます。

back Index Next
Home