新しい家族の顛末記
そ の 4

 

 5日目の夜
 家に帰ると家内が2匹をそばにおいている。
 何度か叩き合う喧嘩をしたらしいが、グレがひょうたろうに近づいてもあまり怒らなくなったらしい。
 グレをケージに入れると、初めてひょうたろうがケージまでやってきて、ケージの隙間に手を突っ込んでグレを叩こうとする。
 自分のほうが強いという意思表示なのだろうか。
 そのうち、ひょうたろうは寝に行ったので、グレを出してやると、とにかく忙しい。
 部屋中走り回り、おもちゃで一人遊びと、じっとしていない。我が家に来てからというもの、我々が寝るまで起きていて、寝ている姿を見たことが一度もない。

 6日目の朝
 騒々しいので起きると、ひょうたろうがグレの頭をコツンと叩こうとして、グレが反撃に出たらしい。いっちょまえに「シャーッ」もやる。グレも負けてはいない。
 今度はひょうたろうが何もしていないのに、奇襲攻撃を仕掛ける。ひょうたろうはタジタジ。うるさくて嫌だと逃げる有り様。かと思えばグレの尻の臭いを嗅いでしつこく付きまとったりもする。
 てなわけで、何とか仲良くなれそうな気配がしてきた。
 ケージも早く片付けられそうと喜んでみたものの、新たな心配事が。
 グレを終日自由にしたら、日中誰もいないとき、部屋の中はメチャクチャになってしまうのじゃないだろうか。
 ひょうたろうが監視役になってくれればいいのだけれども。無理だろうな−。
 
新たなため息が出そうである。


  

back Index Next
Home