新しい家族の顛末記
そ の 3

 3日目の夜。
 朝に私の隣まで来たので、楽しみに帰るも、振り出しに戻ってしまった。

 グレをケージから出して自由に遊ばせていると、ひょうたろうの部屋に行こうとする。見ていると、中ではひょうたろうが牢名主の如く、デーンと横になってグレを注視している。グレは恐る恐る入ってはみたものの、ひょうたろうの「ウーウー」唸り声に降参。引き上げてきた。
 何年か前、隣家で仔猫を飼ったとき。その仔猫は、ひょうたろうに何度も何度も飛びかかり、ひょうたろうは、その度に威嚇したり、噛みつく振りをしたりして、最後には根負けして逃げて行き、決して傷つけるようなこともなく、舐めてあげたりもした。また、自分からも近づいていた。
 なんで今回は違うんだろうか。怒り方が異常である。
 それにしてもグレは元気である。餌の成分を見たらタウリンが含まれているじゃありませんか。私も食べたくなってしまった。
 ケーキを食べていたら、ゴミ箱に首を突っ込んで、ケーキを包んでいた紙を食べようとしている。片付けてしまったら、今度は私の口の中に消えたケーキを奪おうとするのです。
 ひょうたろうからはとても考えられない行動をする。
 仔猫って何でも食べるんだろうか?

 4日目の夜
 ひょうたろうは相変わらずなので、黒猫のいる友人宅へ一緒に家内を迎えに行く。
 何度も会っているせいか、黒猫は寝返りを何度もうって、ひょうたろうに接近しようとしているのに、ひょうたろうは床の臭いを嗅いで、黒猫を全く無視。怒る気配もない。どうしてグレにはあれだけ怒るのかさっぱり分からない。
 家に帰ると、今日はご機嫌がいいのか私と家内のそばに来た。唸ることもしないが、グレのケージに行くそぶりもない。
 ひょうたろうは、寝転がっているところを、手で撫でると喜ぶが、足で撫でようとすると、噛みつく振りをするプライドの高い奴だ。ということ思い出し、きっと、自分からグレに挨拶するなどということはプライドが許さないのだ。
 それが原因ならば、グレのケージにひょうたろうが近づくのを待っていたのでは、いつまでも顛末記が終わりそうにない。
 ならば、グレがひょうたろうに挨拶すればいいのではないか。
 そうだそうだ名案だと、一人頷いて、また、ひょうたろうに「お前が一番可愛い」の念仏を唱え、「グレを可愛がるんだよ」と、何度も言い聞かせた上で、グレをケージから出すと、すでに部屋から出ているひょうたろうの所に行ったのです。
 様子を覗うと、なんと、怒らずにグレの尻の臭いを嗅ごうとしている。そのあとまた「シャーッ」。そこで引き離し、寝るときに、家内の横に寝ているひょうたろうのそばに、私がグレを抱いて寝てみたら、こちらを見ながら「ウーッ」が始まった。今夜はここでお終い。明日からはグレを自由にさせてみよう。但し監視付きで。


  

back Index Next
Home