新しい家族の顛末記
そ の 2

 グレが来て2日目。ひょうたろうが入り口から1歩踏み込んだところでお座りをして見てはいるものの、呼んでも頑としてこない。無理に連れてくると、怒っていってしまった。後を追いかけて、抱き上げ、体を撫でながら「お前が一番好きだよ」の念仏を唱え続ける。
 その甲斐あったのか、3日目の朝はケージのある部屋にきて、私の隣に寝そべりはしたものの、ケージからは一定の距離をおいて、それ以上は近づかない。
 お気楽女房殿は「今日から旅行に行って来るから2日程みんなを頼むねー」と、出かけてしまった。
 なーんも考えてないのはグレと一緒。
 ひょうたろうとポン太、そして私の心はいたく傷ついているというのに。
 「一人で楽しんでいいね−。」と、嫌味のひとつも言おうものなら、「トイレの掃除・餌、猫のお世話全部が私。あなたは可愛い可愛いって言ってるだけでしょ。」と言われ。「ハイ、スイマセン」となるのがおちなので、とりあえず2日間、一人と3匹だけになれると喜ぶことにした。
 日中仕事をしていても、グレとひょうたろうがどうなっているのか心配でしょうがない。
 ケージに本を積み重ねたのではだめだったので、今はガムテープで止めてある。
 グレも無駄な抵抗はしなくなったので、出てはいないと思うのだが。
 早く帰ってやろう。
 そして思い出したのは、昔、子供が生まれたとき、それまでは毎晩午前様だったのが、子供が生まれたとたん、夕飯までには帰って、子供と一緒に風呂に入るのが楽しみだったときのこと。あのときと同じだー。親馬鹿だ−。

つづく。
  

back Index Next
Home