新しい家族の顛末記
そ の 1
もしも将来また仔猫を飼うようなことがあった場合に備えて、ひょうたろうとグレが
仲良くなるまでを、記録代わりに書き留めておくことにしました。
日記などは3日と続いた記憶がないので、何ヶ月も続かないことを祈りながら。

  突然我家に新しい猫がやって来た。名前はグレ、雌、月例4ヶ月の仔猫です。
  以前から先住猫のひょうたろうに兄弟をと思っていたのですが、ひょうたろうがどう反応するか心配で、思うだけに終わっていました。
  それが、グレに出会って、仔猫でしかも雌、ひょうたろうと顔つきも性格も似ていて、とてもおとなしいときたものですから、ひょうたろうも間違いなく飼う事に同意するものと決め込んだのです。
  しかしながら、しかしながらなのです。
  家に連れ帰るや、グレは豹変し、走り回るは、ハムスターのケージを見つけると、覗き込み、手を出し、ケージに飛び乗るは、テーブルの上だろうとどこだろうと上ろうとするはで、ハムスターはケージの中の家に入ったきり出てこない。ひょうたろうは「シャーッ、シャーッ」と怒りまくり、別の部屋にお籠りになってしまった。
  よほど怒り心頭らしく、抱っこしてあげても「ウーウー」怒りが収まらない。
  ハムスターのポン太の時は、仲良くするんだよと、よく言い聞かせたせいか、ポン太を背中に乗せても、ひょうたろうが逃げていっただけで何も起きなかった。今回は事前に話もせず、いきなりだったからまずかったかなーと思いながら、グレのケージを用意して隔離したのですが、ケージの横にあるひょうたろうの餌を食べにも来ず、あげくのはて、餌と水をこっちにもってこいというのです。
  ハイハイと餌と水を持っていき、抱きしめながら「お前が一番可愛い、お前が一番」と念仏のように唱えたのでした。
 私が仕事から帰ると、いつもは玄関まで迎えに来て、足にまつわりついて、何処に行っても離れず、抱っこを要求したのが、グレが来てからというもの、玄関までは迎えに来るのですが、ケージの部屋の入り口からは絶対入ろうとしないのです。もちろん寝る時間になっても呼びにもきません。
 つづく。
  
back Index Next
Home