趣   味


もう4月である、すでに、ほとんどの河川で釣りが解禁になっている。当サイトの管理人も、ご多分に漏れず、一応いくつかの趣味を持っている。一つの趣味は渓流釣りで、もう一つは写真である。そして猫は家族の一員であるから趣味というより、家族サービスと言ったほうがいいのかもしれない。その家族サービスが大好きなので困るのである。

それぞれが時間帯をずらしてできる事なら問題はないのだが、一つ選ぶと他ができないのである。

釣りは、山奥にいかねばならない。それじゃー、渓流や滝、山の写真は、同時に出来るでしょう、という方もおありでしょうが、朝まずめ、夕まずめの時間は、釣り師にとって一番大事な時間帯であり、写真を撮る者にとっても、その時間帯の光線の状態がベストなのです。

それでも、しょうがないから早朝は釣り、昼は写真と勢い込んでいき、釣りをしながら、残雪の上に釣った岩魚を置いて、バックは北アルプスの山を撮ろうなんて考えても、釣りに夢中になって、日がだいぶ昇った頃には、疲れきって、カメラをザックから出す余裕などなくなっているのである。

家族サービスと思えば、釣りも写真も出来ず、釣りを選べば、他が出来ない。いろいろ考えているうちに、家族サービスがいいか、となってくるのである。

しかし、こんなことでは体もなまるし、ペットロスが心配になってくると、家族サービスの誘惑を振り切って、深夜に車を走らすのである。

夜が明ける時間の2〜3時間前には現地に着くようにしているから、周りは真っ暗、晴れていれば、東京都とは違って満天の星が、降るように見える。

音といえば、沢のゴーと流れる音ぐらいで、考えることが多くなり、今日は早めに帰って家族サービスをしようなんて思ったりする。気を紛らすために、スキットルのブランデーを舐め、今日の釣りのために、少し自分を奮い立たせようと、ラベルのボレロなんかを聞きながら朝を待つのである。

そして目的の岩魚数匹をびくに入れ、意気揚揚と、ひょうたろうの待つ、我家へと急ぎ、ほら、お前のために苦労して岩魚を釣ってきたよと、見せるのだが、いつも、「自分だけ楽しんできて、よく言うよ。」と、知らん顔されるのである。

Back Index NEXT
Home