老  い  る

 最近、ひょうたろうが元気なく感じるのは9歳という年のせいだろうか。人間で言えば既に中年である。
 以前は、飛べと言えば、立っている私の胸元に飛んできたし、人の目を盗んで、玄関ドアのノブに飛びついて、ドアを開け脱走しようとしたのが、今はない。とにかく元気がないのである。日がな一日寝ている。
 散歩に連れていっても、行きはいやいや歩いているし、きびすを返して帰ろうとする。帰ろうとするのを制止して「待て」と言えば、ピタッと止まったのが、トット、トットと帰り道を歩いていく。私の命令など全く無視である。耳まで遠くなってきたかと思うほどである。肩に乗ってるときも、以前は常に右足を私の右肩にひっかけて、落ちないようにしてたのが、少し歩いただけで右足を下ろしてだらんとしている。
 考えてみれば、私も9年前の体力は既にない。猫のほうが年を取るスピードは速いのである。
 いつまでも、かわいく元気であって欲しいが、そろそろ猫の年令も考えた付き合い方を考えなければいけないのだろうと、思い始めた。
 20年は、我が家族と付き合ってもらうためにも。
Back Index Next
Home