ひょうたろう七不思議

 これは、猫に無知なる私の七不思議であり、皆さんには何の不思議もないかもしれません。もし、お分かりの方は、お教えいただければ幸いです。
( )内は私の想像であります。

 ノラの時の交通事故の後遺症か、右足が不自由な歩き方をするが、何のわけがあってのことか知らないが、部屋の中をいきなり走り回るときがある。そのときは全く普通の猫と変わらない。
 (演技派なのである。普段は猫をかぶってる。)


 一緒に寝ている深夜に地震があると、私をかばうことなく、また、逃げ場もないのに、布団の中から飛び出して一目散にすっ飛んでいく。
 (薄情者なのだ。)


 新聞を読み出すと、強引に新聞を払いのけて、私の体の上に乗ってくる。パソコンに向かえば、パソコンと私の間に割り込んでくる。
 (邪魔をするのが生きがいなのである。)


 私が居間にいるときは、常に私のそばにいて、女房が寝ても、ついていかないが、私が寝室に行くと、すぐ後を追ってくる。ここまでは本当にかわいいが、後がいけない。寝室にくるや、私でなく女房の脇にもぐりこむ。
 私が無理やり布団に連れ込むと「チェッ」と舌打ちしたり「ウーウー」文句を言って、女房の布団に逃げ帰る。
 (その時々で、人を使い分けるずるい奴なのだ。ちなみに、女房が外泊のとき
  は、文句も言わずに私の脇で寝る)


 いつも寝るときは女房と決まっているのに、女性の客が泊まると、初めての人でも、その人の布団に入って抱かれて寝る。
 (ただの女好き、呆れたもんだ)


 散歩やハイキングに行ったとき、一緒に歩いてるはずが、いない。後ろを見ると、離れたところでお座りをして、こっちを見ている。置いて行かれると思わないんだろうか。呼んでもこない。我慢比べだと、じっと待ってると、そのうち「ニャーニャー」泣き出す、すると周りの人が「疲れたのよね」とか「かわいそう」「おんぶしてもらえないの」なんて声をかけていく。 やむをえず迎えに行くと、ニヤっと笑って(気のせいかもしれないが)私の肩に乗る。顔の横で「楽チン楽チン」の声が聞こえる。(これも気のせいかもしれないが)
 (人の同情をかう術を知っている計算高い奴なのだ)


 近くの公園までの車中、着くまで「ニャーニャー」騒いでいながら、帰りの車中は何も言わず、ひざの上で外を見ている 私には「嬉しいなったら嬉しいな」と聞こえるのだが、皆には「イヤダ−イヤダ−」と聞こえるらしい。
 (行きはやっぱり、皆の言うとおりかもしれない。行ってみたら楽しかったので、帰りは、ばつが悪くて「シラーッ」として いるのかも。すっとぼけの猫なのである。)



 犬は雪の中を喜んで走り回り、猫はコタツで丸くなる。前文は人間が作りあげた代物と思い、「雪だぞ、いいだろう」と散歩に連れ出すも、あまりいい顔をしない。ユキヒョウもいるくらいだから、喜んでもいいと思うんだが。
 (ものぐさなだけ)

Back Index Next
Home