窓  の  外

 猫のひょうたろうが、テレビ台の上で、窓を開けてくれと、こちらを見つめている。

窓の外は小さな公園で、砂場を囲んで、はなみずき・桜・けやきの木があり、今は、桜の木が春を告げるべく、蕾を全開にして着飾り、とても華やいでいる。

窓を開けると、花冷えの冷たい空気がサーッと入り込んできました。

時折吹く風に、花びらが宙を舞い、地に落ちるまで、目で追っています。

道を歩いているときに、よく、ガラス越しに外をじっと見つめている猫を見ることがありますが、散歩に出る猫も、そとが恐くて一歩も部屋から出ない猫も、皆同じ事をしているのです。そして、その時の表情は外に行きたいといった風には見えないのです。

今まで不思議に思っていたのですが、きっと、木蓮の花が咲き、直ぐに桜の花が、そしてはなみずきの花が咲き、裸だった、けやきの木も、若葉で覆い尽くされ、山のようになり、そして夏へと向かう、その季節の移ろいを楽しんでいるのです。


Back Index Next
Home