痩 せ て 医 者 に 行 く

 このところ、ひょうたろうが痩せてきたので心配になり、家内がグレも一緒に隣人と医者に連れて行った。
 グレは腹を切られたことを思い出し、待合室で連れ添った隣人にもぐりこむようにして隠れようとしたらしい。
 ひょうたろうは、診察台の上にのせられ、採血用の注射針を刺された瞬間、絶叫し、家内にしがみついたらしい。絶叫があまりにすごかったらしく、待合室にいた人は患者を連れて、皆外に出て行ったそうな。大きな犬の患者を連れていた人は
、「うちの子が恐がっちゃいけないので外で待ってますから終わったら教えてください」と。それはその通りかなとも思う。
 この間、花見に行ったら、中型犬を連れてきた人が、ひょうたろうを見て「やだー、猫がいる」と言い続け、「この子は猫と喧嘩して負け、猫が恐いのよ」と、まるで我々がいるのが迷惑だとばかり。
 場所を変えて、いつもの公園に行ったら、躾けの行き届いた犬がリード無しで散歩に来ていた。そこへ、リードをつけて犬の散歩に来た奥様が「散歩にはリードをつけるのが常識でしょう。跳びかかってきたらどうするの?」と、ぶちぶち言い続け、今日は何なんだー。アホ飼主の大集合かと気分が落ち込んでしまった。
 話がそれてしまいましたが、診察の結果は、ひょうたろうの体重6.2Kg。だいぶ前に計った時より300gしか減ってない。見た目では1Kgは痩せたような気がしてたのに。
 歯石がたまって、本人は食べるのに痛みがともなってるはず。除去には全身麻酔が必要。費用と危険性も伴うとのこと。
 動物は人間といえども食べれなくなったら死を意味する。えらいこっちゃと、浅い麻酔でお願いすることにし、術後は、毎日私が歯茎のマッサージ役なそうな。自分の歯茎も後退して歯医者通いもしなきゃいけないってのに。でも、ひょうたろうが長生きするためならエンヤコーラ。血液検査はひょうたろうが興奮しすぎてできなかったそうです。それと風邪をひいてるとのこと。おまけは、年なんだからあまり無理な散歩はさせないことだって。どうしよう。
 グレは体重4.3Kg。それだけ。でも10ヶ月で4.3Kgって普通なの? 少ないの? それとも重いの? 普通なわきゃないですよね。

back Index Next
Home