ひょうたが来てからのこと

家族の一員になる二匹目を探して数ヶ月、やっと、ひょうたが見つかり我が家にきました。子猫ですから勿論可愛いのですが、不思議なことに、それほど感激するほどでもなく、私自身どうなっているのか、少し不思議でもありました。

ところが、数日が経ち、どうしようもなく可愛くてたまらない気持ちになっていったたのです。

情が移ったからなのか、ひょうたが私を覚醒させたのか。

隣家がこんな黒猫は飼わないと言ったのに、三日預かったら、この子が欲しいと言わせた、あの時と同じ。秘められた猫の力なのでしょう。

私がそうだけに、ひょうたとグレは、同じ猫同士、雄と雌、親子のように歳も離れているから、うまくいかないはずがない。

グレは母性本能を刺激され、ひょうたを可愛がり、母乳まで出たりして。なんてことまで考えたのに、現実は厳しかった。

グレの拒否反応は想像以上で、ひょうたがいるご飯のある部屋に入ろうともしない。

 人の膝まで立ち上がって抱っこをねだることもなくなり、頭を撫でてやってもグルグルゴロゴロとのどを鳴らすこともなく、呼んでもこなくなってしまいました。

誰もいない部屋で一人うずくまり、一日を過ごす毎日でした。

しばらくしてから、ドアの窓ガラス越しにひょうたを覗くようになり、ひょうたがケージに入れられて眠っているときは、そーっと、そばに覗きにくるようにはなりましたが、とどまることはせず、すぐに部屋を出て行き、自分の部屋に行って沈黙。

 それから数日後、ひょうたを自由にしてあげたら、グレに飛びついて、グレは絶叫。

 ひょうたは遊んで欲しいのにグレは分かってくれない。ひょうたろうがグレのじゃれてくるのを適当にあしらいながら遊んでやっていたのを思い出してくれればいいのですが、なにせ昔のこと、すっかり忘れたらしい。

グレは傷心を癒すべく、また、ひょうたの奇襲攻撃を避けるために、箪笥・押入れ・ベッドと壁の隙間・按摩器の下と、たくさんの防空壕にひっそりと避難し続けましたが、ことごとく、ひょうたに発見され、占拠されていました。

そして一ヵ月半が経ち、ひょうたが来てから初めて、グレが私の座っているソファーに、自分からやってきて座ってくれました。二匹の間は相変わらずで、グレの私への愛情表現は全くなしの状態でしたが、グレの心境に変化の兆しが表れた証拠と喜びました。

それからまた一ヵ月半、3ヶ月目にしてやっと、ひょうたがグレに接近しても飛びかからないかぎり、怒りはしなくなりました。そして、抱っこをねだることも、のどを鳴らすようにもなってくれました。

これからが楽しみなのですが、相変わらず、ひょうたがグレを追いかけ、グレは逃げまわっています。それも、前は走って追いかけていたのが、今は飛んで追いかけているといった表現がぴったり。とにかくすごい。逃げるグレに走りながらジャンプして馬乗りになるのです。私がひょうたを叱るために捕まえようとしても、飛んでるひょうたは捕まらない。最後は私の手の届かない隙間に逃げ込み、出てきません。

これを書いていたら新たな発見、ついにグレがキレました。ひょうたのあまりのしつこさに、反撃にでました。ひょうたに飛び掛られた瞬間、振り返り、鉄拳を振るいました。しかし、空振り。ひょうたの体に触れることもできません。ひょうたは、お姉ちゃん危険と感じ取り、ソファーの下に逃げ込みました。追いかけたグレはソファーの下には入れません。すぐあきらめるかと思ったら、お座りして、じっと隙間を見つめています。

右端のほうから、ひょうたが出ようとしたら、バシッ、ひょうたが引っ込み、今度は左のほうから出ようとしたら、バシッ。まるで、もぐら叩きのゲームをしているよう。しかも全て空振り。うかつには出れないと悟ったひょうたは、奥のほうで隙を窺っています。思わず「頑張れ、それが教育なのだ」と、グレにエールを送ってしまいました。

ひょうたは自分の名前とご飯、おいで、だめっ、の言葉がわかるようになり、だいぶ成長しました。水に手を入れて振り回す癖だけやめてくれれば、いい子なんですけどねー。

back Index Next
Home