「 夢 の 島 」
 

 私は地球一周の夢をのせ、一人乗りのヨットで日本から出航したのですが、一日目で大嵐に遭い、マストは折れ、機器類は全て故障、現在位置もわからないまま、ある島に漂着してしまったのです。

 不安の中で周りを見渡すと、遠くに家やビルらしきものも見える。やれやれと、海岸の崖をよじ登り、道路に出て歩き出すと、猫がこちらを見ているのです。人が住んでいれば猫がいるのも当たり前、しかし、歩けど歩けど、会うのは猫ばかりでした。

 やっと町らしきところにたどり着くと、すべての家は朽ち果て、人の気配は何処にもありません。住んでいるのは猫ばかり。ここは何処なのだと、看板や電柱の標識を見るのですが、全て風化し、判読できるものはありませんでした。

 安心したのもつかの間、無人島と分かり、その上、私を取り囲むように百匹くらいの猫が集まってきて、背筋が寒くなってきました。

 猫の集団を掻き分けるように、一匹の人間くさい顔をした黒猫が私の前にやってきて、ついて来いというように誘うのです。

 恐怖に近いものを感じながら黒猫の後を歩き出すと、後ろから他の猫達も数を増やしながらついてきて、30分も歩くと千匹はくだらない大集団になっていました。

 後ろが気になりながら海岸近くまで歩くと、煙の立ち昇る漁師小屋らしきものがあり、一人の女性が魚を干していました。

 無人島だとばかり思いこんでいた私が驚いて立ち止まっていると、その女性も私に気づき、歩み寄ってきて「久しぶりの人間だわ−。青い顔してどうされました。」と聞いてきました。

 南の島だというのに色白のとても美しい初老の方でした。

 事情を話すと、「大変でしたね−。でも心配はありませんよ。帰る船も用意してあげましょう。」と言ってくれたのです。

 差し出された水を一気に飲み干し、ホっと胸を撫で下ろしながら、「ところで、この島の名前は? 」と聞くと、それには答えずに「猫が多くてビックリされたでしょう。」と言って話し始めました。

 「この島も昔はたくさんの人達が住んでいて、私はあそこに見えるビルで働いて、3匹の猫と暮らしていたのですよ。」

 そして、少し顔を曇らせながら話しを続けました。

 「ただ、猫好きが嵩じて、どんどん数が増えてしまったのです。それだけならいいのですが、猫の顔をよおくご覧になりました? 」

 猫の集団の怖さで、一匹一匹の顔を見ていなかったので、改めてじっと見てみると、たくさんの種類の猫がいるのですが、仔猫から親猫までみんな、顔の表情が二種類に分かれているのです。ひとつは、オヤジ顔。もうひとつは、目がうつろで、口元は笑っている。まるで薬中患者のようです。           

 「私が飼う猫が、みんなこんな顔になりましてね、そのうち、島中の猫達も同じ顔になってしまったのです。」

 ある日、病院の乳児室の中で騒ぎが始まったそうです。

 「うちの子がオヤジ顔になっちゃった。外の猫そっくりだ。」自分の顔を鏡に写すこともなく、母親が騒ぎ出すと、別の母親が「うちの子はヘロヘロ顔だ、外の猫とそっくりだ。」父親の顔を思い浮かべることなく、騒ぎ出したのです。

 「これは、猫の病気だ。人間にも感染するぞ。」と、何の根拠もなく噂が広がり、最後には「感染するとオヤジ顔かヘロヘロ顔でポックリ死んでしまうぞ。」と、尾ひれが付いて大騒ぎになり、島民は次々と島を去っていき、残った人間は私だけになってしまった。とのことでした。

 人間一人じゃ、ご不自由でしょう。なぜ、あなたは島を去らないのかと聞くと、

 「この猫達は、みんな優しい子ばかりです。置いては行けないのではなく、この島でみんなと一緒にいたいのです。幸い、誰も怖がって島には近づきませんので、漁をすれば、皆で食べきれないほどの魚も獲れます。海を汚す者もおりませんから、とても綺麗ですしね。これ以上の生活考えられませんわ。」

 島から人々が去っていく話しのときとはうってかわって、嬉々として話してくれました。

 お疲れでしょうから、今夜はゆっくり休んで、あすの朝お帰りなさいと、夕飯を御馳走してくれたのですが、たくさんの魚料理、ハブの蒲焼き、亀の煮たもの。どれも食べたことのない物ばかりでしたが、今まで食べたなかで最高に美味でした。猫達も鳥やら蛇を獲ってきてくれるのだそうです。

 その夜は、満点の星空。今にも降ってきそうな星を見上げながら、何年も、こんな生活にあこがれていたのを思い出しました。

 夜が明けると、女性が迎えにきて「船は古いけど大丈夫です。北に3キロほどいった港に係留してありますからお使い下さい。食料と水も積んでおきました。近くの島まで行けば人も住んでおりますし、電話もありますから、早くご家族に無事をお知らせしてくださいね。」

 足に何かが触れるので下を見ると、トラ柄のヘロヘロ顔の猫が擦り擦りしている。

 「この子が港まで案内すると言ってますよ。」

 この女性は猫とも会話ができるようになったらしい。昨日までの猫の薄気味悪さは、すっかり消え去り、どの猫も、とてもいとおしく感じられました。

 お礼を言って、お別れし、トラ猫の案内で港に着くと、倒れかかった大きな看板を見つけました。文字はほとんど消えかかっていましたが、なんとか読むことができました。

 そこには「石垣島にようこそ」と書かれていました。




            


本文のモデルは「プ二プ二ケッパー」サイトに住んでます。
オヤジ顔病・ヘロヘロ病に感染したい方は、こちらへURL

Back Index Next
Home