「 約  束 」
 

「お願いがある。」

路地裏の片隅にうずくまる仔猫に話しかける中年の男がいた。

よれよれの服、疲れた表情の男は、手に鳥のささみを持ち、野良の仔猫に「猫は福を招くというから、お前にこのささみをあげる。お前が願いをかなえてくれるまで、いや、お前が生きている間、毎日餌を運んでくるよ。」

仔猫は返事をするように「ニャー」と鳴き、ささみを食べだしました。

男は満足そうに仔猫を見つめ、「頼んだよ」と帰って行きました。

毎日、夕暮れには餌をもらい、一年後には野良猫には見えないほど立派な猫になっていました。

「毎日の食事だけじゃダメなのか? ならば、人間の年齢一年分が猫の年齢四年分という。願いがかなうなら、私の人生が2年短くなってもいい。その2年をお前にやろう。私の寿命が2年縮む代わりに、お前の寿命は8年延びる。それでどうだ。」

すると、一年前と同じに「ニャー」と返事をしたのでした。

それからも毎日、日の落ちる頃になると、その男は餌を持って現れました。

そんな毎日が25年も続いたある日、家々の電灯が消える時間になっても、男は現れませんでした。次の日も、その次の日も。ずーっと。

そこには、夕暮れになると、男を待ち続ける、老いた猫がいるだけなのです。

男は死んだそうです。

願いがかなったのか、寿命が2年縮んで死んだのか、誰も知る由もなしに。 

Back Index Next
Home