そ  よ  風

 

はなみずきの花も散り、若葉が大きくなる頃。

窓を開けると、風の香りに誘われて、寝ていた猫のひょうたろうが、窓辺にやって来ました。

テレビ台の定位置に座り、外を眺めています。

はなみずきの一点を見つめているので、鳥でもいるのかと、その方向を見ても、何もいないのです。

不思議に思い、「何を見てるんだい。」と聞くと、

「お父さん、はなみずきの、あの枝を見てごらん。」

何度見ても、何の気配もないのです。

「あそこだよ、葉っぱの赤ちゃんが、ゆりかごで揺れてるでしょ。」

他の葉は揺れていないのに、なぜか、その若葉だけが、そよ風に気持ちよさそうに揺れていました。

「お父さん、木のてっぺんを見てごらん、お父さんが僕にやってくれるように、赤ちゃんを、高い高い、やってるよ。」

梢を見ると、一番高いところの若葉が、喜んでるように揺れていました。

「お父さん散歩に行こう。」

 そうだね、頬をなでる風を感じに。

Back Index Next
Home