野 良 猫 の つ ぶ や き

その3  化 け 猫

 

私をタマと呼ぶご老人は、猫が好きで、広い庭にやってくる野良猫たちに餌をやるのを楽しみにしており、全ての猫を、タマおいで、おいでと言って、かわいがっていました。

ところが、奥さんは農家の出にもかかわらず、動物が大嫌いで、鶏が自分に歩み寄ってくるだけで逃げ出すのでした。歩いていく道の向こうに、犬でもいようものなら、どんなに遠回りであろうと他の道を探すのです。

奥さんが、「化け犬とは言いわないが、化け猫とは言う様に、猫なんて、猫の字を見ただけで震えが来る。」と言うのです。

おいおい、私達を化け猫扱いはないでしょう。

奥さんによれば、動物が好きな人は優しいと言うが、まやかしだ。優しい人が皆、猫が好きなわけでもないし、猫を嫌う権利があったってしかるべきだと言うのです。

万物全てプラスとマイナスの相反するもので成り立っているのです。陽イオンがあれば陰イオンがある。ものの考え方の多少の違いは、タバコを容認し、吸う人が増えれば喫煙場所が増え、禁煙派が増えれば灰皿が減る。プラスとマイナスが同数にならないことであります。

少数派が間違いとは限らないのです。まっ、万物はプラスとマイナスで成り立つのだから、お互いを認め合い、猫が嫌いな人は、猫が側に来たら愛想笑いの一つでもすれば、その顔の引きつり方で、飼主はわかるし、猫好きな人は全ての人に、そのかわいらしさを押付けてはならないと肝に銘じ、暮らしていくしか、しかたないのでしょう。

Back Index Next
Home