野 良 猫 の つ ぶ や き

その2  猫かぶり・猫可愛がり


 今日は、私をブーと呼ぶ、小学生の男子が住む家におじゃましました。

 猫があまり好きでなかった両親も、私が訪れるようになってから、なぜか子供が明るくなったと、庭に入るのを拒まないのです。

よくある話ですが、男の子は一人っ子で、親がかわいいかわいいと、猫かわいがりし、危険なことは一切させないのです。一流大学をでて、官僚にでもなれば一生楽が出来るぞと、親が果たせなかった夢を押付けるのでした。学校と塾通いで遊ぶ時間などないから、暗くなるのはあたりまえです。

それでも彼は、親の期待を一身に背負い、猫をかぶって、黙々と良い子を演じていたのでした。

たまに空いた時間には、遊ぶ友達もいない。遊び方も知らない彼は、モデルガンで外にいる動物を撃って遊ぶ様になったのです。

ある時、私の棲家にしている原っぱの土管にやって来て、逃げる私を、標的代わりにモデルガンで撃つのでした。

小学生ぐらい、私の爪と牙をもってすれば、撃退することは分けなくできるのですが、そうした場合、必ず親と近所の大人が、私を捕まえに来ることは分かりきっているので、やむなく逃げるしかないのです。 

きっと他人の痛みがわからない子なのでしょう。最近は、危ないと、ナイフも与えない親ばかりだから、ナイフで木や竹を削って物を作る楽しみも知りません。したがって、誤ってけがをすることもありません。自分の血を見ることも、痛みを覚えることもないのです。

私たちは子供の頃、兄弟とじゃれあったり、喧嘩をして、どれだけ強く噛めば痛いか、よく知っているから、必要以上に相手を痛めることはしないのです。

人間の少子化で、経験で覚える事がなく、テレビやらパソコンのなかの絵空事だけをみているからこんなことになるのでしょう。

そこで、私は土管の前の、何時もモデルガンを構える位置に穴を掘り、枯れ草をかぶせて、落とし穴を作ったのです。その子は、まんまと罠にはまり、手と肘、膝小僧に擦り傷を負って、血をにじませながら泣いて帰ったのでした。

その甲斐があったのかどうか知りませんが、しばらくして来た時には、自分のおやつだろうか、食べ物を持って来るようになったのです。

「ブー、ブー」と私の名を呼びながら。

 それ以来、ちょくちょく彼の家におじゃまするようになったのです。


Back Index Next
Home