野 良 猫 の つ ぶ や き

その1  猫 の 額

 
 私は、たま、トラ、ブー、チビの他、たくさんの名を持つ、雄の野良猫です。

 餌のお世話になっている人達、それぞれが違った名で私を呼ぶのです。

 私は、その日その時の気分で、名付け主を訪れ、玄関ドアの前、縁側の前の犬走り、ブロック塀の上で「ニャー」と、来たことを知らせるのです。

家の中には上げてもらえないものの、皆が私のくるのを楽しみに、餌を用意して待っていてくれるのです。

 私は猫でありますから、皆さん、自分を飾らず本音を見せてくれます。

アパートに住む斉藤さんの家では、私をトラと呼び可愛がってくれるのですが、この間、私を見て言ったのかどうか、定かではありませんが、奥さんがご主人に「あんたに甲斐性ないから、猫の額ほどの土地も持てないのよ。いったい、いつ家を買ってくれるのよ。」と、詰めより。ご主人は「猫の額くらいの土地ならいつでも買ってやら−。一坪もありゃいいんだろ。一坪ありゃ、猫の額の何十倍もの広さがあるわ。」と、開き直っていました。

人間は猫の額と小馬鹿にしますが、私達の額の中身は人間より密度が濃いのです。なぜ、人間は土地だ家だ、終いには領土だと騒ぐのか、人間より頭の良い私には理解が出来ないのです。

確かに、私達にも同じようなことで、テリトリーがあると、人間の学者は言ってますが、ここからここまで私の領域だと宣言すれば、即自分の土地になるのです。その広さは必要十分なだけあればいいのです。他の猫が侵入して、どうしても、ここが欲しいと言えば多少の争いになることもありますが、殺しあうほどのこともありません。譲って他へ移動して、又宣言すればいいのです。

言い換えれば、地球全部が私の土地のようなものです。境界を決める線引きなどナンセンスなのです。人間が勝手に、塀で土地を囲み、家を建て、一国一城の主だなんて喜んでいますが、私にとっては、お笑いぐさなのです。

私にとって、そこも私の土地だと決めれば、私の土地なのです。自由に出入りが出来るのです。もし入り込めないような高い塀で周りを囲まれたら、そんなちっぽけな土地など捨てればいいだけのことなのです。

いろいろな人間にお世話になって言うのもなんですが、そばで人間を観察して思ったのは、土地のことだけではなくて、全てにわたって、人間なんてかわいそう、自由な人間なんていないのです。

お前だって人間に寄生して生きているでしょうって。

冗談じゃありません。今はこれが楽だし、優しくしてくれる人間もいるから、そうしているだけなのです。餌をくれる人間がいなくなったって困りゃしません。そうなりゃ居場所を変えればいいだけです。畑にでも行ってネズミを捕ったっていいし、そこにテリトリーを主張する猫がいたら、他へ行けばいいだけなのです。

私達野良猫には、人間のような自分達を縛りつける法律などいりません。生まれた子を、自ら捨てたりすることもなければ、相手を死に至らしめるような喧嘩など、決してしません。群れ(国)という単位を作って集団で争うこともありません。

一匹一匹に、本当の自由があるのです。


Back Index Next
Home