猫 と 犬 の 喧 嘩


いつもは、仲のよい、犬のポチと猫のトラが、一つの肉片をめぐり、喧嘩を始めました。

「猫なんて、魚を食べてりゃいいのさ、犬は肉体労働が多いんだから、それは僕のもんだ。」

「普段、魚を食べているのはドコサヘキサエン酸(DHA)といって、頭がよくなる成分が含まれてるからさ、本当は、肉食だってことを知らないのか、この無知犬。」

「僕を馬鹿呼ばわりしようってのか。僕達犬は、救助犬だ、盲導犬だと、立派に人間の役に立っているのに、お前達は、ただ飯食らっているだけじゃないか。」

「犬は人間の命令に、ただ従っているだけだろ。だから、闘犬なんかやらせられて馬鹿みたいだ。我々猫は、人間と対等に付き合っているから、何もしないのさ。」

「犬は強いから闘犬もやるのさ、お前達みたいに、忍び足で餌に近づいたり、隠れるようなことをしない。堂々としているわ。」

「何が強いんだ、犬には牙しかないじゃないか。猫は牙だけじゃない。鋭い爪も持っている。能ある猫は爪を隠すって知らないのか。」

「能ある鷹は、だろ。なにがドコサヘキサエン酸だ。猫は昔から餌をとるのに一匹で大変な思いをしているじゃないか。僕達の先祖は狼だぞ、頭を使って共同で餌を捕るほど頭がいいんだ。」

「猫の先祖を知らないのか、大きさが今の何倍もあって、狼なんて何匹かかったって、かなわいくらい強かったんだ。」

そばで聞いていた、飼主のおじいちゃんが、「何、馬鹿な喧嘩をしているんだ。お前達の先祖は、な。」と、説教を始めたのです。

結論から言うと、猫と犬の先祖は一緒だったということに始まり、途中でイヌ科とネコ科に分かれたけど、今は両方とも一緒に人間と暮らすようになったのだから、お前達は仲良くしなきゃいけない。
 ということでしたが、犬と猫のルーツについて、延々と講義するので、あまりの長さに、ポチもトラも、もう肉なんてどうでもいいや、早く遊びに行きたいと思ったのでした。

やっと、長いお説教が終わったら、「喧嘩の原因を作ったのは、どっちだ。」お尻ペンペンしてやる。というのです。

ポチもトラも、じーっと、おじいちゃんを見つめ、口を揃えて言いました。

「肉をもう一つ、くれなかった飼主に、原因はある」と。

-----------------」言葉に詰まっているおじいちゃんを尻目に、二匹仲良く遊びに出かけました。


Back Index Next
Home