猫 の 日 本 一

東京の西方に一匹の猫を飼っている男がいました。

何十年もの間、犬を飼いたいとは思っても、猫のことは微塵も考えなかったのが、いきがかりじょう飼う羽目になった男は、猫について何の知識もなく、犬と同じように散歩に連れて行き、お手・お座りを教えたのでした。

ある日、猫関係のホームページを見ながら、なんと親馬鹿の多いことかと、あきれていました。

その中にペットフードを売っている会社が、猫の日本一を募集していたのです。

過去の日本一の猫を見ると、デブだとか、肩に乗るとか、模様が面白いとか、それだけで日本一に選ばれ賞金30万円をもらっていたのです。

それを見た男は思わずにやりと笑い、自分の猫の写真を何枚もプリントしはじめました。

それぞれに、しゃべる猫日本一、肩のり猫日本一、サイクリングする猫日本一、登山する猫日本一、散歩する猫日本一、芸をする猫日本一等、たくさんの日本一のタイトルをつけ応募したのです。

うちの猫は、あの猫たちよりよほどかわいいし、芸もする。あんなことで日本一になれ、30万円もらえるなんて、こんなうまい話そうあるものではないと、すっかりその気になってしまったのです。

30万円の使い道は何にしようか、当然猫には好きなオカカを食べきれないほど買ってやり、刺身もお祝いで尾頭付きを食べさしてやろう。残りは一眼レフのデジカメにしようか、それともと、色々考え、授賞式には自分は仕事でいけないだろうからと、女房に代わりに出るよう話しておいたのです。

後は、「貴方の猫が日本一に選ばれました」という通知を待つだけでした。

授賞式に出席してくださいという依頼もあるだろうから、早めにその通知は来るだろうと予想したのですが、なかなか届かず、おかしいなと思い出した頃、その通知は来たのです。

「この度は、ご応募いただきありがとうございました。残念ながら・・・・」

それを見て、ん? 何のことかまったく理解が出来ないのでした。他になにか応募した覚えもないと、読み直したのですが、やはり猫の日本一の件でした。

それから数日間は、なんで、どうして、なぜだーと、理解に苦しんでおりました。

それからまた数日が経過して、やっと気づいたのです。

自分が『親馬鹿日本一』だということを。


Back Index NEXT
Home