「 黒 猫 温 泉 」

                詩集『黒猫』より
                著者 清水みどり(HN ミーシャとはな)


いつかきっときみを
温泉につれてゆこうまだ若い
きみは溌剌として疲れも知らず
温泉の有難さも判るまいから
ここ暫くは陽のあたる
風通しのいいテラスの窓辺で気持ちよく
万歳スタイルで眠るがいいさ

きっときみを
連れてゆくよ 温泉へ
ぎりぎり老いた父母の
晩年を支えてくれたのは
子でもなく孫でもなく
庭に咲く季節の草花と
黒猫きみなのだった と
みんなが気づく日は来るから

そしてそのうちきみのあのフットワーク
敏速でほれぼれとした
足腰だって弱まって
高い机に載ることもままならず
静かに老を迎えるよきも来るだろうから
その時はやっと同輩になって
見晴らしのいい屋上の
露天風呂を借り切って
富士山を眺めて一杯やるのも悪くない
マタタビ酒は台所の
シンクの下にたっぷりともう造ってあるし
そしてたぶん
そのときにはいなくなっているだろう
じじ ばばの
思い出話をはなそうね
岩魚の塩焼きをしゃぶりながら

黒猫きみを 連れて行くよ いつかきっと
私たちの温泉へ
車に乗せて
フードもトイレもいっしょにね
         
           
  とても素敵な詩を、ミーシャとはなさんからいただきました。
   黒猫ミーシャ(マタタビと焼魚が好きだった)は本ができた2ヶ月
  後、4歳直前に天国に召されたそうです。
Index Next
Home