神様に遣わされた猫


 小春日和の柔らかい陽射しの中、誰もいない公園のベンチに老人がいました。
身寄りのない老人は、毎日この公園に来て、先立った妻の思い出にふけるのが唯一の楽しみでした。

 これからくる厳しい冬を前に、早く妻のもとへ行けることを願いながら、妻との楽しかった日々を思い出し、今、隣に妻が座っていたらどんなに幸せだろうと、毎日思うのでした。

 そんなある日、どこからともなく現れた一匹の猫が、老人の脚に擦り寄り、足の上に肘をかけて座り込んだのです。野良猫にしては体がグレーで、目がグリーンの見たこともない猫でした。

 猫嫌いの老人は半ば蹴るように追い払いました。

 思い出を中断された老人は少し不機嫌そうに何かつぶやきながら帰っていきました。

 次の日、老人が公園に来ると、昨日の猫が現れ、昨日追い払われたせいか、足元には来ず、ニ三歩離れたところにお座りをして、じっと老人を見つめるのです。

 「シッ、シッ」と追い払おうとしても一定の距離をおきながら、老人を見つめ、その場を去ろうとはしませんでした。

 毎日同じことを繰り返しているうちに、なぜか老人は追い払うことをやめ、その猫に妻の思い出を語るようになりました。

 そのうちだんだんと猫が近づいてきて、いつのまにか老人の膝の上で話を聞くようになりました。

 ある日のこと、思い出話を終えて帰ろうとすると、後をついてこようとするのです。

 老人は言い聞かせるように「私はもう長くは生きられない。飼ってあげたいのだが、私には身内もいない、私が死んだら、いったい誰がおまえの面倒を見るんだ。わかってくれ。」と話しかけ、家に帰りました。

 その夜、布団の中で、あいつが一緒なら雨の日も、雪の日でも、話を聞いてくれる。一緒に暮らそうと決め、万が一の時を考え、近所の方には今からお願いしておくことにしたのです。

 次の日「これからはずーっと一緒だぞ」と連れ帰りました。

 それ以来、老人は何年も止めていた俳句や絵を書くことを再開し、猫に聞かせたり見せたりで、生き生きとした生活に戻り、妻の思い出を語りかけることも少なくなりました。

 いたずらをして老人を困らすこともありましたが、それも老人の生活に張りをもたらす以外のなにものでもありませんでした。

 それから一年目の朝、老人は静かに息をひきとりました。

 近所の人たちがその死に気づいた時、老人の胸には、目を閉じて抱かれるようにして、じっとしている息のない猫がいました。


Back Index Next
Home