秘 密 の 扉


シロは家の中も外も、出入り自由にさせてもらっている飼い猫でした。

家族にとても大事にされ、ダニが一匹食らいついているだけで大騒ぎ、家族の何人かが付き添って病院に行くぐらいでした。

そんなでしたから、自分から何処か遠くに行こうなんて思いもしませんでした。

しかし、最近自分に、何か変化があることに気づいていたのです。

この家に来てから、すでに17年の歳月が流れ、家族への別れの日が近づいていることを本能的に感じとっていたのです。

 そして、その日がやって来ました。

朝に、いつもと変わりなく食事をし、いつものように、外に出かけました。

家族の誰もが「暗くなる前に帰ってくるんだよ。」と、見送りました。

これがシロを見る最後の姿とは知らずに。

シロは自分の死を誰にも見せてはいけないのだと、考えていたのです。家族の前で死んだら、皆がどんなに悲しむか知っていました。突然いなくなれば、皆が心配し、自分を探し続けるでしょう。しかし、時間と共に、シロがいない寂しさも、忘れていく方がいいと思いました。

 そして、誰もいない近くの森に行くと、目の前の空間がゆがんで、扉が現れました。シロは迷うことなく、扉を開け、中へと進みました。

 入った瞬間、目の前の光景が一変したのです。後ろを振り返っても、入り口は既になく、回り一面きれいな花で覆いつくされ、太陽がないのに、全てがやわらかな光で包まれ、影がないのです。

 あまりにきれいな光景に見惚れ、じっとしていると、遠くから人が歩いてきました。

目を凝らしてみると、私を一番可愛がってくれた、おじいちゃんでした。足元には、写真で見たことのある猫が一緒でした。

 「シロ、迎えに来たよ。今までありがとう。残された家族も、お前のおかげでどんなに救われたか。ご苦労様。」おじいちゃんは、そう言って、優しく頭をなでてくれたのです。

 シロはやっと、自分が死んだということに気づきました。

 「この猫はミケといってな、お前が家に来る前に死んだから、知らないだろうが、この世界にきて、もう18年になる。この世界じゃ、ワシよりも先輩じゃ。仲良くして、ここのことを教えてもらいなさい。」

  「さあ、案内しようか。」

 おじいちゃんが連れてってくれた所には、大勢の人や動物たちがいました。

 今までの世界と違うのは、家や人工的な物は一切無く、みんな、死ぬ前の姿のままで、年を取らないことと、病気だった人、暗かった人も、とても元気で明るくなっていることでした。動物たちもみんな幸せそうでした。

 家族に見取られて死んだ猫や、交通事故に遭って死んだ猫もいました。

 ミケが言うには「彼らや、人間は、別の扉から来たんだよ。その場合は、亡骸を、前の世界においてくるのさ。その扉の存在を人間はうすうす感づいているようだけどね。」

 「僕の場合は?」と聞くと

 「お前も本能的に知っていたように、秘密の扉は猫専用で、そこから入った猫は、前の世界に何も残さないで来るのさ。もし、お前があの森で死んで、探しに来た家族が、お前の亡骸を見つけたらどうなる。」

 「聞いたことがあるだろ、うちの猫が出ていったきり帰らない。何処探しても見つからない。って、人間が言っていたのを。その猫たちは、お前と同じ秘密の扉から、この世界に来たのさ。」

 「秘密の扉は死期を迎えた猫の近くで、人間が見ていないときに現れるんだ。」

 シロは、たくさんの猫が同じ思いで、秘密の扉をくぐってきたことを知りました。

 辛い思いをしながらこの世界に来たのは自分だけじゃないことに、少しほっとすると、次の疑問がわいてきたのです。

ここに来た人間や動物たちは、死ぬことが無いのなら、この世界がいっぱいになってしまうことは無いのだろうか。おじいちゃんは、おじいちゃんのまま、小さな子は、小さなままなんて、変だと。

ミケが答えるように「ここの広さは無限だけれども、今よりも人間や動物がたくさん増えたり、減ったりすることは無いんだよ。ここに少し慣れればわかる事だけども、おじいちゃんや、これからできる友達も、いつかは、いなくなるのさ。」

この世界では、入ってきた時と同じように、出口の扉も現れるらしいのです。

前の世界では、この世界への普通の扉には薄々気づいていても、秘密の扉の存在なんて考える人もおりませんでした。この世界の人間や動物たちは、もちろん入り口の扉のことは、知っているだけでなく、出口の扉のことも知っているのです。ただ、いつその扉が現れるか、知らないだけなのです。その扉を開けたらどうなるのかも。

ミケが言うには扉が現れると、どうなるかわからないのに、人間も動物も嬉しそうに入っていくそうです。

なぜだろうと、首をかしげているシロに、おじいちゃんは、一切誰にも話さないことを条件に、こっそりと教えてくれました。

出口の扉を開けて入ると、一瞬にして、前の世界や今いる世界の記憶を失い、姿までも消え去るのだそうです。しかし、魂までが消えるわけではなく、新たな命となり、前いた世界の人間や動物の胎内に宿るのだそうです。

シロはそれを聞いて、姿も変わり、以前一緒に暮らした事が、お互いわからなくてもいい。また、家族に会えるかもしれないと思うと、嬉しくなりました。

それからは、おじいちゃんとミケと一緒に、その日が早く来るのを楽しみに、この世界で幸せに暮らしました。


Back Index NEXT
Home