悪    夢

 悪い夢を見てしまった。あるサイトの管理人と2匹の主人公達にひょうたろうのサイトを乗っ取られた夢なのです。。

 猫を主としたサイトを訪ねると、どこも、かわいいニャンコ、仲のいいニャンコであふれているように、そのサイトも、例にもれないのですが(掲示板では、書き込みされる皆さん、「かわいい」と言っている)、ただ、私にははっきり可愛いと言いきれない部分が、わだかまりとなって残ってしまうのです。

 可愛い猫を見ると皆が手を出し、頭をなでようとします。しかし、彼らには手を出すのを躊躇させる可愛さがあるのです。(なんのこっちゃ?)(もし、管理人さんがこれを読んだときの心情を考えると、どうしてもこのような表現になってしまう)

 あまり仲の良くない2匹のばらばらの生活、一部の写真は決して美形とは言いがたい、むしろ恐怖さえも感じさせるものなのです。

 恐いもの見たさというように、恐怖は快楽となって襲ってくるのです。恐いけど見ずにはいられないのです。『あのかわいらしさ』を。

 そして、見た夢は、一度見ると毒に侵され、だんだん毒が回ってきて、又見てしまう。最後は自分のサイトにその2匹を載せてでも、その毒を広範囲に広げようとするようになってしまうのです。

 そして、その毒は、ひょうたろうのサイト全体に広がり、ひょうたろうは何処かに追いやられ、ついには乗っ取られ、そのサイトの第2ページとなり、私はその2匹の為に、日々更新を続けるのでした。

 うなされて、汗ばみながら目を覚ました私は、分かったのです。あの掲示板に書き込んでいる人たちは、未だ毒に侵されていることに気づいていない。気づいているのは私とあの管理人だけなのだ。なぜなら、うっかり見逃すようなところに、『恐怖の写真館』を作っているのだから。

    (「私はそんな毒にはやられない。」という自信のある方は、リンク集の
       上から三番目の扉「プニプニケッパー」を、お開きください。)


Back Index Next
Home