愛 猫 の 日 々

灯  り

東日本大震災で被害にあった方々を思うと胸が痛む。愛猫とともに津波に
飲み込まれた方もたくさんいるだろうことを考えると、人事ではない。私の
実家は内陸部で人的被害はなかったものの、部屋の壁が崩れ、天井が
落ちそうになっているとのこと。家を流され、家族を失い、希望を失いがち
なはずなのに、寒さの中で頑張っている人達を見ると、励ますどころか、
逆に自分が励まされているような錯覚に陥る。
あの日、午前3時に家に帰り着き、懐中電灯をを手元に用意しようとしたら、
数本見つかった、お隣が持ってないとのことで、1本貸すも、スイッチが調子
悪い。まともなのがない。こんなはずじゃーと思いながら、何時届くか分からな
いLEDの懐中電灯を1本注文し、日を改めて家中探したら出てくること。用意
できた灯りは、携帯電話のランプからフレキシブルライト、笛付きライト、赤の
点滅付きライト、ラジオ付きライト、卓上ランプ、ヘッドランプ、ロウソク、ランタン、
車で使うサーチライト等、自分でもあきれるほどの量。キャンプの道具があれば、
地震があってもしばらくは困らないと思っていたものの、すぐ使えなければ何の
意味もない。
これはいかんと、家が崩壊するような地震時に、猫と一緒にすばやく持ち出せ
、数日は暮らせるような食料と装備。家は使えるが、停電・断水・ガスの供給も
ストップした場合、しばらくは生活できる食料・水・燃料の用意を考えることにし
ました。

次回 Index 前回
Home